FC2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂の安らぎはもうない

親の気持ちは、どうしても将来のことに関心が向きがちです、不安だからです

小学校は支援級だろうか、それとも学校都合で通常級に押し込まれないか

高校は支援学校に入れるだろうか、入れなかったら職業訓練はどうしようか

就職はどうなるのだろうか、福祉就労に入れるのだろうか、手帳は取れるのか

自立して一人で生活なんてできるのだろうか、グループホームに入れるだろうか

私たち親亡き後はどうなるのだろうか、成年後見制度の将来はどうなるのか

発達障害福祉はどこまで発展してくれるだろうか、わが子が路頭に迷わないか

いくらでも不安になる要素は挙げられます、考えると胸が苦しくなります

就労の際、障害者を受け入れる側の企業は、何ができるかよりも、一番重要視

するのは、日常生活動作が自立していることだということを聞いたことがあります

あとは障害者手帳の有無です、有ることを望まれます

そもそも、10年20年後の社会福祉情勢なんて予想できるはずもなしです

このように考えていくと、つい現在のわが子の今を忘れがちになってしまいます

わが子が安心して、伸び伸びと生き生きと成長していける環境に導いていくこと

これが直近の私が最大限考えるべきことなんだと思います

わが子の特徴、特性を受け止めて、一歩一歩、今を謳歌できるようにすること

それを常に心しておきたいと思います

それでも、正直なところ、将来の不安が纏わりつきます、将来のためにできること

は何か、・・・わが子より1日でも長く生きたい、それが正直な気持ちです



 いつも読んでくれてありがとうございます
↓↓ぽちっとしていただけるとうれしいです

にほんブログ村

発達障がい児育児 ブログランキングへ


ハンズ特典という障害者手帳所有者に手数料の免除があります


スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お買い物エリア

おすすめです

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。