FC2ブログ
   
01
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

療育施設でついに発達検査

市内にある長い歴史をもった療育施設です

ここでは希望者が多くて、予約が取れたのが1ヶ月以上先でした

そして待ちに待った当日
初回相談ということで、心理士の方1名と話をすることとなりました
子どもの様子や状態をこれでもかってほど伝えました
記録をとりながら話を聞いてくれて、質問をされたりもしました

そして、発達検査をしてみましょうということになりました
「新版K式発達検査」というものです

検査はだいたい30分ほどでしたので、途中席を立ったりはしたものの
無難に検査を受けることができたと思います

検査を受けている子どもの傍らで見守っていましたが
ショックなくらい何もできない!!・・・ということが分かりました

検査結果は(標準を100として)

姿勢・運動:65
認知・適応:62
言語・社会:57

全領域=「発達指数はDQ62」ということでした

実年齢2歳6ヶ月のところ、1歳7ヶ月の発達程度ということが示されました

DQ70を下回っているので軽度知的障害に該当します
療育手帳(愛の手帳)の申請をして、4度(軽度)の判定を受けました

ぜんぜん境界域じゃないじゃんと思いましたが・・・
9ヶ月後、別の医療機関で再度発達検査をすることになるのです

ともあれ、療育の必要あり、ということで療育開始です


いつも読んでくれてありがとうございます
↓ぽちっとしていただけるとうれしいです


にほんブログ村

発達障がい児育児 ブログランキングへ



スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お買い物エリア

おすすめです

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。