FC2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮内胎児発育不全(FGR)から出産

顕微授精によって無事妊娠することができました

不妊治療が成功するとは限らないので、過度に期待しすぎないように
夫婦でいろいろ意思統一をしていました(何回までチャレンジするかなど)
なので、妊娠できたときは驚きとともに喜びました
・・・と同時に妊娠がゴールではなく、始まりなのだと知りました

定期受診をしていくうちに胎児が育っていないことが分かりました
つわりもなく、お腹も少し膨らんでいる程度でした
そして
緊急入院です、「子宮内胎児発育不全(FGR)」とのことでした

入院したからといって何か治療するわけではなく「絶対安静」
定期的に胎児の成長をみるとともに、心音を聞いて元気か確認するのみ

入院して1ヶ月
30週の時点で胎児の成長がみられないとのことで、当日朝決定、それは
「帝王切開」手術による緊急出産
その日の昼ごろ手術決行、もう訳が分かりませんでした、大慌てです
子どもの名前もまだ決まっていません

無事、出産となりました(アプガースコアは7→9)

出産予定日より2ヶ月早い「早産」です、そして胎児の体重は1200g
「極低出生体重児」というものです、そしてそのままNICUに入院です

子どもとの初対面は
保育器の中で人工呼吸器をしている目も開いていない
手のひらに収まってしまうくらいの小さい小さいわが子でした


いつも読んでくれてありがとうございます
↓ぽちっとしていただけるとうれしいです


にほんブログ村

発達障がい児育児 ブログランキングへ



スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お買い物エリア

おすすめです

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。