FC2ブログ
   
01
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低身長症でも成長ホルモン治療は脳性麻痺に悪影響

身長の測定時期によっては「-2SD」以上になることが多々あって

低身長症を心配しています


低身長症とは、子供の背の高さや伸び率が、同性同年齢の平均身長に比べて

著しく低い場合をいいます

標準偏差(SD)を基準に-2SD以下(100人に対して2人くらい)をいいます


低身長症の原因は95%が不明なんだそうです、それ以外の原因は

・子宮内胎児発育不全(わが子はこれがありました)

・成長ホルモン分泌不全(検査をまだしていない)

・甲状腺機能低下症(検査をして異常なしでした)

・染色体異常・遺伝性疾患

・慢性腎不全などです


子どもの成長には

十分な栄養、睡眠、運動、.成長ホルモン、性ホルモンも関係してきます

成長ホルモン分泌不全があるか、検査をしてみたいと考えています


ただ、成長ホルモン治療を行うことによって、骨の急速な成長が起こるので

脳性麻痺に悪影響を与えるのではないかと心配しています


理学療法士の先生にそのことを聞いてみると、それはありえるとのことでした

成長ホルモン療法中に、骨や関節のトラブルが起こることがありえるそうです


また、フォローアップ検診の主治医は、糖尿病、甲状腺機能亢進症、ネフローゼ

症候群などになる可能性もあると仰っています


身長が低くても、体が硬くなるよりはいいと考えるべきでしょうか・・・



 いつも読んでくれてありがとうございます
↓↓ぽちっとしていただけるとうれしいです

にほんブログ村

発達障がい児育児 ブログランキングへ


ハンズ特典という障害者手帳所有者に手数料の免除があります


スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お買い物エリア

おすすめです

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。