FC2ブログ
   
01
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独はどうやっても拭えない

わが子は1200gの未熟児で、2ヶ月の早産で生まれました、

病院によっては未熟児の親同士が交流がもてるような場があるそうです

私たちの病院にはありませんでした、当時はあったらいいのになと思ったことも

ありました、でも今は参加しても期待したものが得られたかは疑問です


未熟児と一言で言っても、全く同じ状態の子はいません、出生時体重が1000g

以下の子もいれば、2000gの子もいます

出生体重や在胎期間が同じでも、子どもの状態は違います

わが子は2ヶ月NICUにいましたが、もっと早期に退院していく子もいました


また、わが子はNICUにいる時点では障害がないと思っていましたが、他の

NICUにいる子にはもうすでに障害が認知されていた場合もあるかもしれません

はたして共感できるでしょうか、たぶん比べあってしまう気がします


未熟児で生まれても、何の障害もなく、キャッチアップも順調な子もいるでしょう

対して、わが子のように、次々と障害が出現していき、キャッチアップもしない子

もいます、話しても、お互い気を使いあって真の共感は得られないと思うのです


療育施設での親同士の会話でも、気を使いあっているのが明白でした

保育園でもそうですが、この先、支援学校か支援級に行っても同じです

それでも、似た状況の人と話したい、仲間になりたいと思うのは正直な思いです

でもこの孤独感は決して消せない

それでも、わが子に有用な情報を収集するためにも、人的ネットワークが必要

だと思います、積極的に交流していきたいと思っています



 いつも読んでくれてありがとうございます
↓↓ぽちっとしていただけるとうれしいです

にほんブログ村

発達障がい児育児 ブログランキングへ


ハンズ特典という障害者手帳所有者に手数料の免除があります


スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お買い物エリア

おすすめです

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。